お金が足りない時は市役所でも借りれるの!?

お金が足りず、生活にも困る状況では市役所や区役所に相談してみることをおすすめします。
特に毎月お金が足りないような慢性的な状態では、一時的にお金を工面しても根本的な解決にはなりません。

 

まずはお金が足りない時は市役所や区役所で相談してみると良いと思います。
実は市役所には「生活福祉資金貸付制度」と言う制度があります。

生活福祉資金貸付制度とは

低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度。
出典:生活福祉資金|全国社会福祉協議会

当然貸付には条件があります。

 

貸付条件について

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

出典:厚生労働省 

お金を借りたい時に気になるのが連帯保証人や貸付金の利子があります。
これらに関して生活福祉資金貸付制度では、
連帯保証人に関しては、原則必要だが、連帯保証人を立てない場合も貸付可能としています。
ただ連帯保証人を立てる場合と立てない場合で貸付金の利子が異なってきます。

 

連帯保証人を立てる場合の利子は無利子で、立てない場合は年1.5%としています。
ただし緊急小口資金、教育支援資金は無利子です。

 

貸付資金の種類

生活福祉資金貸付制度の貸付資金の種類は豊富で、種類によって限度額や利子など貸付条件が違ってきます。

 

総合支援資金 生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
福祉資金 福祉費、緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費、就学支度費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 

この中で、お金を借りたい!ってなった時に生活福祉資金貸付制度の「緊急小口資金」を利用すると良いと思います。

 

緊急小口資金とは、
緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用のこと。

 

貸付条件

  • 貸付限度額は10万円以内
  • 据置期間は、貸付けの日から2月以内
  • 償還期限は据置期間経過後12月以内
  • 貸付利子は無利子
  • 保証人は不要

 

緊急とだけあって保証人不要、利子も無利子と言うのは良い条件です。

 

生活にも困るほどお金が足りない状況になれば、なかなか一人で解決することは難しいと思います。
お金が足りない理由が、一時的な問題なのか、根本的に問題をかかえているのか判断するようにしましょう。

 

一時的にお金が足りず、「給料日まで何とかなれば良いのに…」と言うような急ぎの場合はカードローンを利用すると良いと思います。
市役所や区役所ではどうしても審査や手続きに時間がかかってしまいますので、お金が足りない理由を考えて市役所でお金を借りるか、カードローンを利用するか判断することをおすすめします。

 

お金が足りない時のおすすめのカードローンをご紹介します。

プロミス

商品名:フリーキャッシング
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

プロミスの3つの魅力
Webなら最短1時間で融資も可能
初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
Webで完結できる

 

 

モビット

金利3.0~18.0%
審査時間最短30分(10秒簡易審査結果)
限度額800万円

 

モビットの特徴
顧客満足度ランキング2年連続No.1
Web完結申し込みが可能
三井住友銀行利用ならATM手数料0円

 

 

アイフル

金利3.0〜18.0%
審査時間最短30分(1秒診断)
限度額800万円

 

アイフルの特徴
初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
Webで完結できる
融資可能か1秒で診断できる
あなたにピッタリな借り方を30秒で診断できる

 

サービスの選び方として、

  • 少しでも利息を低くするならプロミス
  • 借入額が高額ならばモビット

がおススメです。

 

市役所で一度相談したい!と言う方は、この貸付制度は、あなたがお住まいの地域の市区町村社会福祉協議会で受け付けています。
問い合わせをしてみると良いと思いますね。

 

都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧