お金が足りない時のお金を借りたい時の流れ

 

お金が足りない状況で、お金を借りるとすればカードローンが一番おススメになります。
融資スピードやサービスの豊富さから言っても他を圧倒しています。
ただし、お金が足りないからと言ってすぐにカードローンでお金を借りることはおすすめしません。
お金が足りない状況が「今月お金が足りない!」ような一時的に足りない時におすすめします。

 

またカードローンでも、銀行系と消費者金融系の2つに分けることが出来ます。
お金が足りない状況で、「お金を借りれるならどっちでもいい!」と思われるかもしれませんが、銀行と消費者金融で少し違いがあります。
イメージで言うと銀行の方が圧倒的に良いイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

 

しかしお金が足りなくて早くお金を借りる方が良い場合、消費者金融の方が良いと言われています。
消費者金融と銀行と比べてみても、審査やスピードに銀行が驚くほどと言われています。
個人にお金を貸すと言う視点で考えると銀行よりも良い評判だったりします。

 

カードローンでお金を借りる時の流れは、大きく分けると2パターンあります。

 

パターン1

  1. インターネットで借り入れの申し込み
  2. ローン会社による審査→通過
  3. あなたの銀行口座に振り込み

 

パターン2

  1. 借り入れの申し込み
  2. ローン会社による審査→通過
  3. 最寄りの自動契約機や無人契約機でカードを受け取る
  4. 併設のATMやコンビニATMで出金

 

おすすめはパターン1になります。
自分の口座に振り込んでもらえますので、慣れた銀行ATMで操作するのとほとんど同じ作業でできますので安心です。

 

お金,足りない

 

カードローンの審査の際に、運転免許証など身分を証明できる書類が必要になります。
50万円程度の借入れの場合は源泉徴収票などの収入証明書は不要なサービスもあります。
保証人や担保も不要ですので気軽に申し込んでみると良いと思います。

 

大手なら即日融資に対応しているサービスが多く、初めての方なら30日間は無利息の場合がほとんどです。
ただし銀行カードローンは2018年1月から即日融資が受けられず、個人向け融資の審査が厳しくなっていると言われていますので注意が必要です。

 

お金が足りない状況で今すぐお金を借りたい時は、まず借入れ可能なのかどうか数秒で診断が出来ますので診断をしてみると良いと思います。

 

 

お金が足りなくても焦らない!お金を借りる時の注意点とは

 

お金が足りない状況では、生活に不安になり正常な判断が出来なくなったりします。
そんなときでも焦らずに、必要な金額を借りてきっちり返済すれば何も問題はありません。

 

お金が足りず、「お金を借りようと思っても借りれなかった・・・」。
こんなことにならないように、ここではお金を借りる時の注意点をお話します。

 

今すぐお金を借りるサービスがあっても、実は注意が必要なことがあります。
それは申込み時間です。

 

あなたの銀行口座に即日で振り込んで欲しい場合、銀行の営業時間を意識しておきましょう。
銀行の営業時間はだいたい9時から15時までですので、申込→審査→振込までを即日にしてもらうなら、
少なくとも14時までには申し込みを済ませておきましょう。

 

借りる時は、お金が足りない金額だけ借りるようにし、毎月の支払いに負担をかけないように注意しましょう。